リハビリテーション科

部門案内 TOPへ
責任者 リハビリテーション科医長
氏名 橋本 学
スタッフ数 作業療法士14名 理学療法士2名 言語聴覚士1名 作業療法助手3名 外部講師2名
紹介文 1.精神科リハビリテーション
発防止や社会参加の促進、日常生活の自立と自己実現などを精神科リハビリテーションの目的としています。対人関係の訓練(SST)や単身退院の援助、地域生活を送るための教育プログラムなど、ひとりひとりに応じた多様なプログラムをそなえています。訪問看護やグループホームの支援も行い地域ネットワークを重視します。

2.身体リハビリテーション
運動療法により、筋力・関節の動き・体力を向上させ基本的な動作能力の獲得ないしは向上をめざします。作業療法により、トイレや入浴など日常生活に欠かせない動作の獲得をめざします。摂食機能療法により、摂食・嚥下機能の改善や機能維持をめざします。

3.認知リハビリテーション
注意・記憶・遂行機能・言語などの領域の認知機能障害に対して、多職種からなる専門スタッフにより、認知機能改善あるいは維持のための種々のアプローチを行っています。