メインイメージ

第42回佐賀救急医学会

今年は肥前精神医療センターで開催します!

開催日時:2019年9月21日(土)
開催場所:肥前精神医療センター内医師養成研修センター

第42回佐賀救急医学会開催のご案内

日頃から当学会の活動に関しまして、多大なる御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
さて、「第42回佐賀救急医学会」を令和元年9月21日(土)に肥前精神医療センター内医師養成研修センターにて
開催することになりましたので、御案内申し上げます。
御多忙中とは存じますが、できるだけ多くの皆様に御参加いただきますようお願い申し上げます。
第42回佐賀救急医学会ポスターはこちら(PDFファイル3450KB)

第42回佐賀救急医学会の開催にあたって

第42回佐賀救急医学会 会長
肥前精神医療センター 院長
杠 岳文

 当院は今回、平成7年3月神埼市中央公民館での第11回大会開催以来、2度目の主催施設となりました。前回の主催以降、精神科施設の主催はなく、約四半世紀ぶりの精神科担当の佐賀救急医学会ということになっています。
 この間、精神科医療は治療の時間軸が短くなり、一般医療の治療スピードに徐々に近づくと同時に、患者さんの地域移行も加速しています。他方、この地域移行を補完するように、佐賀県内の精神科救急の体制も整備されてきました。当院は、平成15年に国立病院機構としては初めて精神科救急入院の基準を取得しています。また、平成26年には佐賀県に精神科救急情報センターが開設されました。
 精神科救急で精神科受診に至る患者さんが、身体的な問題を同時に抱えていることは少なくありません。具体的には、うつ病や統合失調症患者さんの過量服薬や自傷行為、自殺企図、あるいはアルコール依存症患者さんの酩酊時の頭部外傷や消化管出血などがよく遭遇する事例でしょうか。同じく、一般救急側の方でも、身体疾患の背後にある認知症、気分障害、統合失調症、依存症などの精神医学的評価とトリアージが、時代とともにますます重要になってきています。いずれにせよ、精神科医療と身体科医療の相互理解と双方向の情報交換が不可欠になっていると言えます。今大会のテーマは、佐賀県内の精神科と身体科の医療従事者、救急隊員、行政機関職員がこうした課題を共有し、相互理解を深めるべく、「体とこころの救急医療連携」とさせて頂きました。
 基調講演には、この2つの救急医療の連携の問題に積極的に取り組んでおられ、国内でPsychiatric Evaluation in Emergency Care(PEECと略)の普及に尽力されている熊本医療センター精神科副部長の橋本聡先生をお招きし、「PEECで深める一般救急-精神科救急連携の工夫」と題してご講演をいただく予定になっております。PEECは、救急医療部門に従事する精神科を専門としないスタッフが、標準的な初期評価を行い、標準的な初期対応を出来るようになるための教育コースで、患者さんが安全に地域の医療資源につながっていけるような、円滑な支援の提供を目指すものです。
 シンポジウムでは、一般救急と精神科救急の双方から、現状と課題を報告頂き、相互理解と連携強化の契機になることを期待しています。
 今回、一般演題はすべて口演発表を予定しております。佐賀県内の医療従事者、救急隊員、行政機関の皆様からの演題ご応募と多数のご参加をお待ちしています。

第42回佐賀救急医学会プログラム

時間 内容
13:30 ~ 13:40 開会挨拶・総会
13:40 ~ 13:45 休憩・一般演題発表準備
13:45 ~ 14:55 一般演題発表
14:55 ~ 15:05 休憩・基調講演準備
15:05 ~ 16:05 基調講演
演題 「PEECで深める一般救急-精神科救急連携の工夫」
講師 橋本聡 先生(国立病院機構病院機構熊本医療センター救命救急・集中治療部/精神科)
16:05 ~ 16:15 休憩・シンポジウム準備
16:15 ~ 17:55 シンポジウム
17:55 ~ 18:00 閉会
※詳細なプログラムについては以下よりダウンロードをお願いします。 プログラムのダウンロード  

同時開催セミナー等について

時間 内容 場所
8:30 ~ 13:00 第2回佐賀PEECコース
ポスター
作業療法棟体育館
10:00 ~ 12:00 佐賀県救急看護認定看護師主催セミナー
「聞いて得する!やって覚える急変対応」
 ~救急看護認定看護師が教える患者の変化に気付くコツ~
ポスター
研修室2
   

一般演題募集について

1)演題締切

令和元年7月12日(金)必着

2)発表

  • ・発表時間7分、質疑&講評3分(各セッションごと)
  • ・発表形式は、PowerPoint(OSはWindows、PowerPoint2010又は2013環境で作成されたもの)によるプレゼンテーション形式とします。

3)抄録提出

抄録書式のダウンロード
  • ・電子ファイル又はUSBで提出をお願いします。
  • ・MS Wordまたはテキスト形式でお送りください。
  • ・活字はMS明朝体、ポイントは11ポイントとします。
  • ・抄録には、①演題名②所属③演者氏名(発表者に○印をつけてください)④発表内容区分⑤内容・要旨(600字以内)⑥所属機関の住所、電話番号、FAX番号、メールアドレスを御記入ください。
  • ・演者の方は、正会員に限ります。未入会の方は、学会事務所に連絡して入会手続きをお取りください。
【学会事務局】
佐賀大学医学部救急医学講座内
〒849-8501 佐賀市鍋島5-1-1
TEL:0952-34-3160 FAX:0952-34-1061
《発表内容区分》
  • 1.精神科と救急医療
  • 2.多職種連携(医療、福祉、行政、消防機関等)における救急医療
  • 3.高齢者救急
  • 4.その他(上記以外の内容)

4)演題の申込み・抄録提出先

独立行政法人 国立病院機構 肥前精神医療センター 管理課 宛
  TEL:0952-52-3231 FAX:0952-53-2864
  E-mail:607-kanri@mail.hosp.go.jp
※プログラムの都合上、演題数に限りがあります。応募が多数の場合は、運営事務局にて調整させていただき、サブ会場での発表とさせていただきます。予め御了承いただきますようお願い申し上げます。

5)プログラムは、確定次第御案内いたします。

会場と交通案内

会場案内

〒842‐0192
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町三津160
独立行政法人 国立病院機構 肥前精神医療センター
  

交通アクセス

  • お車でお越しの場合…長崎自動車道「東背振インター」下車5分。
  • JRでお越しの場合…吉野ヶ里公園駅からタクシーで約7分