第32回九州アルコール関連問題学会 佐賀大会このページを印刷する - 第32回九州アルコール関連問題学会 佐賀大会

大会会長挨拶

ご挨拶
 2021年3月12日、13日、第32回九州アルコール関連問題学会佐賀大会を開催させていただくにあたり、ご挨拶申し上げます。
 今回のテーマは、「With コロナ時代のアディクション~あらたなつながり~」といたしました。ご承知のとおり、2020年初頭より新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響は国民生活の至る所に及んでおりますが、それはアディクション臨床においても例外ではありません。多くの医療機関で行われてきた集団での治療や、各地の自助グループの開催が中止となり、治療体系や回復支援において、様々な課題が浮き彫りとなりました。また、コロナ禍でストレスフルな状況を強いられることにより、新たにアディクション問題を抱える方の増加も懸念されております。
 そうした中で、オンラインを利用した自助グループや支援会議、研修会など、「With コロナ時代」ならではの取り組みがスタートするなど、新しい生活様式の中で生まれる、「新たなつながり」に注目が集まっています。一方、カジノを含むIR(統合型リゾート)設置に伴うギャンブル等依存症対策、そして2019年5月にWHO(世界保健機関)が新たに精神疾患の一つとして位置付けたゲーム障害への対策などを通して、これまでほとんど交流することのなかった、企業や行政機関、教育関係者などとの「新たなつながり」も生まれつつあります。
 今回の大会ではこのような状況を踏まえ、基本的な知識から最新の知見まで幅広く共有していただくべく、多彩なシンポジウム、分科会を企画いたしました。また特別講演として、長崎大学の今村明教授より「依存症と神経発達症との関連およびその支援」という、大変興味深いテーマでお話しいただく予定です。さらに、本学会史上初めて、一部のシンポジウムをWebでの同時配信、また大会終了後のオンデマンド配信も行うことと致しました。
 企画に関しては、全国規模の学会と遜色ないラインナップで皆様をお迎えできる準備ができたと自負しております。しかしながら、ほとんどの準備は少人数の事務局スタッフが通常業務と並行して行ってきたため、何かと不備な点があるかと存じます。また、「3密」を避けるべく、入場制限やソーシャルディスタンスの確保など、ご不便をおかけすることがあるかと存じますが、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。
 このご挨拶では、ほんの1年前には全く耳にすることのなかった、COVID-19に関する新しい語句を敢えて多く使用しました。数年後、COVID-19の収束とともに、これらの言葉が死語と化し、このご挨拶が時代遅れのものになっていることを密かに願っています。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
第32回九州アルコール関連問題学会佐賀大会
大会長 武藤 岳夫
(国立病院機構肥前精神医療センター 依存症治療センター長)

プログラム

 2021年3月12日(金)

  12:00~     参加受付
  13:15~     開会式
  13:20~     大会会長講演 
  14:30~ 
          分科会①  シンポジウム        (メインホール)
          「九州でIRを考える~地域振興とギャンブル障害とのはざまで~」
          分科会②  基礎講座          (第一研修室)
          「依存症とは」「アディクション看護」「依存症家族支援」
          分科会③                (第二研修室)
          「熊本地震とアルコール関連問題」
          「Withコロナ時代の依存症事情」
          分科会④                (第三研修室)
          「様々な回復支援のかたち~支援者からのメッセージ~」
  14:20~    ポスター掲示
  16:40~    一般演題  ポスターセッション     (第四研修室)
  16:40~    特別講演 「依存症と神経発達症との関連及びその支援方法」
  16:40~    九州アルコール関連問題学会世話人会
  18:30~    懇親会 グランデはがくれ        (フラワーホールA)


 2021年3月13日(土)

  09:00~    参加受付
  09:30~    シンポジウム              (メインホール)
          「ゲームとどう付き合うか ~ゲーム障害対策の多角的アプローチ~」
  12:30~    閉会式  大会長挨拶
  12:40~    共催セミナー              (メインホール)
  14:00~16:00 スポンサードシンポジウム
 

参加および申し込み案内

締め切り:2020年12月31日(木)17時まで
 当学会の参加登録は、コロナの感染拡大防止を防止するため、会場の入場制限があります。
 参加人数の把握のため、事前申し込みのみ とさせていただきます。
 事前申し込みでは、参加されたいシンポジウム、講演の希望を申し込み下さい。尚、入場制限に
 より先着とさせていただきます。上限となった場合は別会場にご案内させていただきます。

事前申し込みについて
 この第32回アルコール関連問題学会佐賀大会ホームページ上での受け付けとなります。
 下記の「★事前申し込みはこちら」より、画面にて必要事項を入力の上、お申し込み下さい。
事前申し込みはこちらです

参加費(一度入金された参加費及び懇親会費は返金できません。あらかじめご了承下さい)
項目 事前申込み Web配信
参加費 3,000円 1,000円
懇親会費 6,000円
家族・当時者・学生 2,000円
※「学生」とは、中高生、医学生、看護学生に在籍中の方です(大学院生は、通常料金です)
 受付での学生証の提示が必要です。
※「Web配信」は二日目のシンポジウムをネット配信するものです。申し込みいただければ
 ご自宅での閲覧が可能です。期限がありますのでご注意下さい。
※今回実施する学会の内容や映像等を、無断で転用や転載もしくはアップロード等をすること
 は禁止しており、違法な行為となりますので、ご注意ください。

以下は、Web配信の閲覧に関しての同意を済ませた上での申し込みとなります。
Web配信のお申込みはこちらです

ご入金に関して
 郵便振り込みの場合はメールにて振込先及び申し込み番号をお知らせいたしますので、
郵便局備え付けの払込取扱票を用いて指定の口座にご入金ください。申込受付番号の記入
のないものは無効となる場合があります。入金確認をもって事前申し込み完了となります。
手数料はお申込者各自でご負担下さい。払込取扱票の控えは必ず保管下さい。
※入金後のご返金はいたしかねます。また二重払いにご注意下さい
お振込先
佐賀銀行 神埼支店
普通口座 第32回アルコール関連問題学会
口座番号:30749776

会場案内


会場周辺地図
 1.JR佐賀駅から徒歩で10分
   佐賀駅の南口から県庁方面に向かって200メートルほど進み「駅前交番西」交差点を右折、
   そのまま400メートルほど進み「神野東一丁目」(国道264号線が交差)付近で左前方に
   アバンセ(ピンク色の4階建)が見えます。

 2.JR佐賀駅からバスで
   佐賀駅バスセンター2番乗り場から行き先番号58番または59番の「クレオパーク鍋島」行き
  (およそ30分間隔で運行、所要時間5分程度、大人運賃150円)に乗車し、「どんどんどんの
   森前」バス停で下車してください。どんどんどんの森の緑地帯にアバンセ(ピンク色の4階建)
   が見えます。

 3.佐賀大和インターチェンジから車で
   国道263号線を佐賀市街方面へ5キロほど進み「国立病院前」交差点(右手に佐賀県総合グラ
   ウンド、国道34号線との立体交差)を通過、直後の「機動隊前」交差点を→カーブして身なり
   に進み、1キロ先のJR長崎本線の高架を通過、200メーター先の「神野東一丁目」交差点を
   右折し一方通行の標識に従って「どんどんどんの森」周回道路に入るとアバンセ(ピンク色の
   4階建)が見えます。


  

 

演題募集

・ポスターセッションの一般演題について、参加募集を行います。詳しくは、以下の資料でご確認ください。
・プログラムの都合上、演題数に限りがあります。応募が多数の場合は、運営事務局にて調整させていただきます。
 予め御了承いただきますようお願い申し上げます。
・プログラムは、確定次第御案内いたします。

 ファイル:一般演題(ポスター形式)募集要項
 

講演者の方用

・分科会、シンポジウムでご講演予定の先生方につきましては、以下の資料をご確認ください。

 ファイル:演者へのご案内
 

お問い合わせ

 お問い合わせについては、メールでの対応をお願い致します。
 ご質問や不明な点などございましたら、下記のメールアドレスまでお願い致します。
 
 大会事務局:
 独立行政法人 国立病院機構 肥前精神医療センター 管理課
 E-mail:607-kanri@mail.hosp.go.jp
 

宿泊施設に関して

 西鉄旅行 佐賀支店 から宿泊施設に関するご案内

 今回は実施時期が受験シーズンなどと重なるため、宿泊施設が取りにくい状況です。
 西鉄旅行 佐賀支店 が学会に参加される方々の宿泊施設について、お手伝いをして頂けるとの事です。
 ※詳細は、西鉄旅行 佐賀支店 のホームページをご覧ください※

日本アルコール関連問題学会

準備中